確定申告書等作成コーナーを使ってみましょう

このページは国税庁が提供しているサービス「確定申告書等作成コーナー」の使い方を解説しています。
(e-Taxを利用しない場合)
画像にしたがって、必要事項を打ち込んでいくと、作成書が作られるようになっています。
作成した申告書を印刷し、添付書類といっしょに税務署に提出すれば、確定申告がスムーズに行えます。ぜひ挑戦してみてください。

尚、このコーナーは、匿名でテストもできますので、個人情報が心配な方、確定申告でどのくらい戻ってくるか知りたいので、テストしてみられたい方などに便利でしょう。
ただし、その年度の源泉徴収額のチェックも行いますので、本物の源泉徴収票に記載された額が必要です。お手元に置いて、行ってください。


国税庁のホームページから、「確定申告書等作成コーナー」をクリックします。
(続きは右に)

「e-Taxを利用しない場合・・」をクリックしてください
(続きは左下に)

「所得税の確定申告書」を選択

年末調整を受けている、一般の会社員の場合、「給与還付申告書」を、クリック

印刷して提出しますので、「確定申告書等を印刷して税務署に提出する」に、チェックします。
生年月日を入力して、「入力終了(次へ)」をクリック

源泉徴収票に記載された金額、住所氏名(印刷されるだけです)を入力し、医療費控除をクリック
(源泉徴収票の見方は、左下画像を参照してください)

数字は、記載例で、このような数字にはなりません。

1年間に支払った医療費(入院・外来・通院費・一般医薬品・部屋代・出産費用などの合計を、「支払った医療費の合計」に入力します。
保険金などで、その1年間に補てんされた金額を入力します。
あっているか確認し、よければ、「入力終了(次へ)」をクリック

最初に源泉徴収票の金額を記載した画面に、医療費控除額が表示されます。
「還付金確認」をクリック

源泉徴収票の金額が間違っていなければ、還付される額が、このように表示されます。
(テストで、概算を打たれた方は、エラーとなり、表示されません)

給与所得以外の所得がある場合は、「住民税に関する事項(申告書A)をクリック、還付のみの方は、「入力終了(次へ)」をクリック

住所、氏名、振込み先などを入力します。
印刷するためで、個人情報はご心配いりません。
練習の方は、省略して次へ

印刷できる申告書が表示されます。
「印刷画面の表示」をクリックしてください

画面の右側に、印刷画面が表示されます。
PDF形式のファイルです、印刷してみてください。

以上で、作成コーナーの解説は終了です。
最後に印刷された、提出書類等のチェックシートで、チェックし、税務署で手続きを行ってください。

確定申告のページに戻る     ホームへ戻る