MIDIソフト


自分が使っている、市販・シェアウェア・フリーのMac用MIDIソフトを紹介します。

1. Vision(市販ソフト)
バージョン1.0の時代から使っていますから、つきあいの長いソフトです。バージョンアップの度にいろいろな機能が組み込まれてきましたが、MIDI打ち込みの基本操作は変わっていません。現在はバージョン4、初心者用のEZ Visionから、プロ用のStudio Proまでいろいろあります。
MIDIだけでなく、オーディオを使ったHDレコーディングもできます。


2. MIDIGraphy(シェアウェア)
インターネットでダウンロードできます。MIDI入力・再生機能がそろっており、簡単にMIDIを体験することができます。また、MIDI出力を外部音源にすることもできます。


3. TiMidity(フリーウェア)
音源付きのMIDI再生ソフトはYAMAHA・MIDPLUGが有名ですが、この TiMidityはプラグインではなく、単体ソフトとしてMIDI再生できます。 もともと、UNIX版として開発されましたが、WIndows・Mac版ともに公開されています。ただ、音源ファイルが巨大(10MB以上)であるため、ダウンロードには時間がかかります。使用方法は「Timidity」でネット検索すれば多くのページで解説されていますが、このページからリンクをたどることもできます。

(Timidity for Mac)