ホームへ戻る

こころはいのちが、怨みや憎しみといった意識の攻撃性ォから、身を守るためにまとった衣である。

「いのちに付く名前を”こころ”と呼ぶ」
(中島みゆき・命の別名)

たとえ、外からどんな傷を受けたとしても
怨みは、傷を癒しはしない。
憎しみは、新たな悲しみを生み出すだけ。
「怨みを晴らす」とは、他者を攻撃することではなく
怨みそのものから、魂を解放すること。

「憎むことでいつまでもあいつに縛られないで」
(中島みゆき・空と君のあいだに)

「君がいつも 投げかけてた あの言葉
 どんな罪も許せたなら 苦しみも消えるよと」
(高橋真梨子・海色の風〜君住む場所へ〜)

こころが、頭脳にあるというのは、からだは頭から発生したと言うのと同じ。
自分(意識)の生まれる前に、海があった。海に波が起きた。波は泡立った。
いのちは海、こころは波、自分は泡。

ときに大風に荒れても、またゆるやかな波に戻る。
海の中はおおらかなもの。

人はみんな生まれたときに、まあるいやわらかなこころを授かる。
でも、いろんな出来事にぶつかって、たくさん角ができたね。も知ったね。
痛みもあるね。
大地を耕すとき、土は痛いだろうからね。
でも、それで強くなれるね。
強さは、鎧の構えではなくて、折れそうで折れない柳のしなやかさ。

ものは、あまり持たないほうがいい。
あの世に持って行けるものだけ持って、生きていこう。
貧しきものは幸いなるかな。

タマシイ
イノチ



記された文だけが この世に残ってゆく
形あるものだけが すべてを語ってゆく
叫べども おお あがけども ああ
誰がそれを知るだろう…
  (中島みゆき「伝説」より)