「ぼくは何処に行くのだろう
何処に行きたいのだろう」

人生の長い間
ぼくはふるさとを探し続けた…

…雨上がりの朝
気がついたら
ぼく自身がふるさとだった