Orthod.treatment Congratulationsのページにもどる

 Keiko's page


自己紹介


初診時 

治療中 

保定中

通い始めたきっかけ

当時11才だった長女が歯科検診で歯列不正を指摘され、娘を連れて来たのがきっかけです。

いくつになってもどういう状況にあっても誰かの役に立つ人でありたいという思いから1999年ケアマネージャーの資格を取得しました。福祉に関する情報を収集中です。

趣味は読書。そして、子供達に囲まれ絵本を読み聞かせている白髪頭の自分を想像したりして、、、。

Keikoさんからみた
小川矯正歯科

建物は清潔な中にも四季折々の植物に囲まれたぬくもりを感じます。院長先生をはじめ皆さんが仕事に誇りを持って取り組まれている様子が伺えます。いつも新しい情報があって新鮮。

 小川矯正歯科からみた
Keikoさん

御自身を高めることに意欲的な女性です。こんな50代の女性が増えたら日本は変わるだろう、っていうどこかのCMそのまま。(ごめんなさい。Keikoさんは40代ですが。)


初診時

 

 


治療中

上顎は第一小臼歯を抜歯。下顎は歯周病で動揺していた右側第二切歯の抜歯、と
左右第一大臼歯をヘミセクション(虫歯のひどい方の半分を取りました。)。

 

 



治療後


ヘミセクションをした下顎第一大臼歯に補綴物を入れました。


そして2年後 

 

矯正治療を受けてひとこと
現在

保定期間も2年経って保定装置、リテーナーは2〜3日に一度装着しています。 

治療中思ったこと

矯正装置を着けていることの恥ずかしさよりも、ねじれた歯がどんどん動いてきれいに並んでいくことに対する感動の方が大きく月に一度の通院が楽しみでした。(来院の度にほめてもらえて単細胞の私はいつも上機嫌〜。)

今 思うこと

歯がねじれているとこが子どもの頃から大きなコンプレックスでした。40才を目前にしての遅い矯正でしたが自分にとってマイナスと感じている点がなくなるということはいくつになってもうれしいことです。歯並びが良く、笑顔がステキなことは100万円のダイヤモンドを持っているよりも価値がありますね。

これからのこと

リテーナーはこれからも時々は着けてください。

TOPにもどる
Orthod.treatment Congratulations!のページにもどる