ホーム
ogawa orthod.office
orthod. treatment
congratulations!
member
smile編集部
インフォメーション
ほてから


Orthod. treatment MFT

矯正治療ってどんなことするの?治療のすすみかた

矯正治療を開始する時期や治療のすすみかたは人によってさまざま。使う矯正装置もいろいろ。矯正治療 before after

そして

装置の力で歯を動かすだけではありません。筋機能療法(MFT)

装置の力で歯を動かすだけではありません。生活習慣態癖

装置の力で歯を動かすだけではありません。離乳食と幼児食

口腔筋機能療法(MFT)とは

舌癖について

 日頃、無心になって本を読んだり、テレビを見ているときに口をポカーンと開けて上下の歯の間に舌が出ていたり、飲みこむときに舌をつき出し、歯を押すような癖を舌癖といいます。私たちは無意識に1日600〜2000回飲みこむ動作(嚥下えんげ)をしていますが、歯ならびに悪い影響を与えない正しい飲みこみ方は、くをびるを閉じて舌をうわあごにつけ、奥歯をかみしめ、のどを使って飲みこみます。舌癖のある人は、いつも舌が口の中の下の方や前の方にあり、歯を押しています。そして飲みこむときには、さらに押し出す強い力が歯に加わります。舌癖のある人はいつも口を開けているため、舌が内側から歯を押す力に対して、外側から押さえるくちびるやほほの筋肉に力がありません。舌癖が原因で出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間が開いたり、上下の歯がかみ合わない歯ならびになることがあります。また、話そするときにその隙間に舌が入るため、サ行、タ行、ナ行、ラ行などが舌たらずな発音になることもあります。

舌癖の原因

  1. 口を開けて息をする鼻の病気(アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、蓄膿症など)のどの病気(扁桃肥大、アデノイドなど)
  2. 舌の裏のひも(舌小帯)が短い
  3. 指しゃぷり(前歯に隙間ができ、舌が出やすい)

トレーニングの目的

舌の筋肉のカを強くする。
くちびるやほほ、口のまわりの筋肉のカをつける。
正しい飲みこみ方をおぼえる。
ふだんの生活の中で、トレーニングでおぼえた舌の位置やくちびるの状態を保ち、正しい飲みこみ方を習慣にする。

参考文献 口腔筋機能療法の実際 高橋 未哉子

 

 

 

 
 

お口みせてください。
トレーニングをしましょう。
ともちゃんのページへ
 

 

 

トレーニング前と後

 

 

トレーニング前は前歯がかみ合わず、また受け口でしたが、トレーニングを受けてしっかりかめるようになり、また受け口もよくなりました。

 


トレーニング前は前歯がかみ合わず、トレーニングを受けて前歯が閉じてきました。

ゆりえちゃんからのお便りより

私はずっと針金みたいなのでとめるのが治療だと思っていたけど舌の訓練だけで歯がどんどん治っていきすごい!と思いました。歯というのは機械(もの)だけにすべて頼らずいつもの心がけも大切だと思いました。

 

 

 

 

舌小帯付着異常

舌小帯付着異常の特徴


 

 

リンク リンク リンク

日本口腔筋機能療法研究会(MFT研究会)
家庭でできる口腔筋機能療法(幼児編)
口腔筋機能療法 


生活習慣態癖とは


将来の歯並びに大きく影響を与える離乳食と幼児食


Progress

現在治療中でがんばっているメンバーがリアルタイムで報告してくださっています。(現在は矯正治療終了)

Start

矯正治療を開始する時期や治療のすすみかたは人によってさまざま。

Congratulation

きれいな歯ならびになったメンバーによる歯ならびの変化を見て下さい。

More

矯正治療before after

Habit

装置を着けるだけが矯正ではありません。筋機能療法(MFT)、生活習慣態癖など

大人のあなたへ

そして、大人のあなたへ


 memberのページへ

Topに戻る