ホーム
ogawa orthod.office
orthod. treatment
congratulations!
member
smile編集部
インフォメーション
ほてから


Orthod. treatment more

矯正治療ってどんなことするの?治療のすすみかた

矯正治療を開始する時期や治療のすすみかたは人によってさまざま。使う矯正装置もいろいろ。矯正治療before after
そして
装置の力で歯を動かすだけではありません。
筋機能療法(MFT)
装置の力で歯を動かすだけではありません。生活習慣態癖   

 

矯正治療before after

歯並びがよくなって矯正装置をはずす喜び、そしてその数年後も本当に矯正治療を受けて良かったと感じていただけたらうれしいです。

case1

歯列の幅が狭く叢生が認められます。上顎第二大臼歯、下顎第三大臼歯(親知らず)を抜歯しました。上顎第二大臼歯の代用として第三大臼歯(親知らず)を使用し今は第三大臼歯が萠出するのを待っています。

case2

噛み合わせが深く下顎前歯部がみえません。また、上顎犬歯の萠出場所が不足しています。上顎第二大臼歯、下顎第三大臼歯(親知らず)を抜歯しました。上顎第二大臼歯の代用として第三大臼歯(親知らず)を使用し、今は第三大臼歯が萠出するのを待っています。

case3

咬合高径が低く、上顎前歯部が唇側に傾斜しています。上顎第二大臼歯、下顎第三大臼歯(親知らず)を抜歯しました。上顎第二大臼歯の代用として第三大臼歯(親知らず)を使用しています。

case4

下顎臼歯群が近心傾斜し咬合高径が低くなっています。上顎第二大臼歯、下顎第三大臼歯(親知らず)を抜歯しました。上顎第二大臼歯の代用として第三大臼歯(親知らず)を使用しています。

case5

下顎臼歯群が舌側傾斜し咬合高径が低くなっています。上顎第二大臼歯、下顎第三大臼歯(親知らず)を抜歯しました。上顎第二大臼歯の代用として第三大臼歯(親知らず)を使用しています。

case6

骨格性の反対咬合です。下顎第三大臼歯(親知らず)を抜歯しました。患者さんの協力がとてもよく手術をせずに咬合の改善を行うことができました。

case7

上顎歯列弓が狭窄し犬歯の萠出余地スペースがありません。上下顎とも第三大臼歯がなく、非抜歯にて下顎臼歯を直立させることによって咬合の改善を行うことができました。

case8

下顎前歯が先天的欠如しており、スペースアーチとなっています。上顎第一小臼歯を抜歯し、上下の噛み合わせを整えています。

 

 

    次のページ 筋機能療法(MFT)    
  次のページ 生活習慣態癖       


Orthod. treatment&Congratulation

Progress

現在治療中でがんばっているメンバーがリアルタイムで報告してくださっています。(現在は矯正治療終了)

Start

矯正治療を開始する時期や治療のすすみかたは人によってさまざま。

Congratulation

きれいな歯ならびになったメンバーによる歯ならびの変化を見て下さい。

More

矯正治療before after

Habit

装置を着けるだけが矯正ではありません。筋機能療法(MFT)、生活習慣態癖など

大人のあなたへ

そして、大人のあなたへ

Topに戻る