SMILE編集部にもどる


スタッフ紹介&笑顔のゆくえ

笑顔の行方対談

今回は小川矯正歯科の歯科衛生士大久保知佳さんと、高校を卒業し歯科衛生士を目指す岡崎籔子さんの対談です。 

大久保知佳(左)

小川矯正歯科の歯科衛生士。趣味は散歩しながら空を見上げること。おっとりとした口調の中にも信念が感じられる爽やかな22歳。

岡崎綾子さん(右)

小川矯正歯科に通っていた岡崎さんは2000年春から歯科衛生士の資格を目指す。趣味はカラオケ、友達としゃぺること。

岡崎

大久保さんは歯科衛生士になってどれくらいなんですか?

大久保

3年目です。最近ようやく面白みが見えて来たという感じです。

岡崎

どういう点でそう思ったんですか?

大久保

患者さんの不安をいかにやわらげてあげるか、治療についていかに分にわかりやすく説明してあげるかという点が難しいんだけど、少しずつその接し方がわかってきたという感じかな。岡崎さんはなぜ歯科衛生±を目指そうと思ったんですか?

岡崎

自分か昔お世話になった衛生士さんの印象がすこく良かったんです。

大久保

あ、私も同じ。憧れの衛生士さんと出会えたことが大きな影響。

岡崎

さっき大久保さんが言っていた通り、治療される側としてはすごく不安なんですよね。根気もいるし。そんな時はげましてくれたり、希望を与えてくれたのが、先生であったり、衛生士さんであったり。だから私自身もすごく楽しく通えたんです。

大久保

矯正歯科の場合、治療の期間が長いから、患者さんとスタッフとが親しくなれるというのはありますよね。患者さんがだんだん良くなっていくのを見守れるのってすごくうれしくしいことだし。

岡崎

まだ、専門学校がスタートしていないから、不安な面もあるけれど、実は楽しみなんですよ学校行くのが。

大久保 

  

私自身、まだ試行錯誤しているからうまくアドバイスはできないんだけど、私が気をつけているのは心からの笑顔で接すること。作り笑いじゃなく。

岡崎

笑顔で癒せられる人になりたいですよね


TOPにもどるスタッフ紹介にもどる

 

 

 

 

〜OGAWA コラム〜


小川矯正歯科院長 小川 晴也

 見えない矯正治療、舌側矯正装置(リンガルブラケット装置)   
 矯正治療に抵抗を感じる人にとって、その大きな原因のひとつとなるのが矯正装置によって顔貌の審美性が損なわれること。特に、人の目を気にしてしまう人や、接客業などをされている人にとっては大きな闇題点といえます。最近では成人の矯正治療も増加していて、仕事をしながら治療を受ける人も多く、『できれば目立たないように治療を進めて欲しい』という要望も少なくありません。このような要求に対し、矯正装置の審美性についての改良もさまざまにされてきました。とくに装置自体の縮小化及び新しい材質の開発によって、装置が透明化されてからは、審美性も飛躍的に向上してきたといえます。

 しかし、主線として用いる金属性のワイヤーが存在する限り限界があります。人によっては唇側にブラケットが付いていること自体が許されなかったり、金属性のワイヤーが光ることさえ耐えられないという場合もあります。このような欠点を解消するために、歯の裏側に矯正装置を付けて治療するという新たな発想が生まれ、1970年代後半にアメリカで舌側矯正装置(リンガルブラケット装置)か開発され、応用されるようになりました。これは装置すべてを舌側に装着し、治療期間中の操作も舌側から行う治療法で、これによって『見えない、目立たない矯正治療』が可能になりました。唇側に装着するタイプと比べた場合、以下のような特徴があげられます。

@人から矯正をしていることを気付かれません。

A歯の舌側は形態が複雑なため、医師は装置の調整などに高度なテクニックが必要。

B治療の進め方は唇側と類似していますが、治療期間が3〜5ケ月ほど長くかかります。(場合によっては期間が短縮されることもあります)

C矯正装置自体か高価なため、費用が高くつきます。

D患者さんからは直視しにくいので歯磨きが難しくなります。

E装着当初は発音がしにくい場合もあります。

舌側矯正装置による治療はアメリカにおいて1980年初めに爆発的に需要が高まり、80年後半には装置の改善も進み、需要は年々増加しています。成人の矯正治療が拡大していますし、審美性を求める意識も高まっていることを併せて考えればこの舌側矯正装置による矯正治療の二一ズは益々向上することでしょう。舌側からの矯正装置のために、これまで矯正に踏み切れなかっ人々にとって、まさに扉が開かれたといえるでしょう。なお、舌側矯正治療を希望される際には専門医にご相談されることをお勧めいたします。


next


  smile編集部  | 表紙にもどる |