i- 太陽光発電所: 電力モニタの待ち受け画面に関する仕様の実際(JH-RWL7Y)

 2011年に設置したSharp太陽光発電システムにおいて、電力モニタ(宅内モニタ)に不具合があり、最新機種のJH-RWL7Yに変更しました(2018/3/24 実施)。

 新モニタは旧モニタ内に比べて色々とスペックが向上していますが、若干問題点も含んでいます。
 ここでは、その中で「待ち受け画面」に関する問題点についてまとめてみました。
 仕様どおりに動作しないため、メーカには何度もシステム改善(改修?)を要望していますが、曖昧な回答に終始していて全くその気がないようです。

 待ち受け画面に表示する画像はWebモニタリングサービスを利用してモニタへ転送されます。

waitImg.jpg

待ち受け画面に関する仕様
 「公式の仕様」:取説に記載された仕様、システム使用時に画面表示される仕様など
 「実際の仕様」:実際に使用して確認した内容、メーカからの回答など
項 目公式の仕様実際の仕様
Upload画像サイズ/枚4MB1MB
同時にUpできる枚数4枚<−
時 刻任 意<−
最大サイズを超えた画像指定時エラーメッセージエラーメッセージが出て、
それまでの指定が全解除される
Download画像サイズ/枚4MB合計で1MB
同時にDownできる枚数4枚高々1〜2枚
時 刻夜間(22時〜4時)<−(ユーザ毎に時間帯が決まっている)
Down時のresizeVGA(640x480)
WVGA(800x480)
<−
Down失敗時(タイムアウト)記述なし翌日リトライされる
但し、また失敗することあり
大サイズ画像の検証不足
モニタ操作新規Down時説明なし新たに画像設定が必要
Down失敗時説明なしメッセージが出ないのでわかりにくい


 メーカは「WEBモニタリングサービスの開始後、ネットの環境変化やスマホの性能向上に伴い、システムが追従出来ていないところがある」と弁解していますが・・・。

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(Blog)
i- 太陽光発電所: システムの更新
i- 太陽光発電所: 毎日の発電量

ホーム